お問い合わせ

Tech for Progress 360: 第2部

データドリブンなインサイトで気候変動への取り組みを加速

レポートをダウンロード(英語)
basic-hero-tech-for-progress-environmental-sustainability.jpg

企業と地球のための環境の持続可能性

気候変動の影響と、排出量報告や気候関連リスクに対する規制の強化により、環境の持続可能性を戦略の中核に据える企業が増えています。

顧客や従業員が、環境に配慮した企業からの購買や働く環境を求めているため、強固な持続可能性というアジェンダは、競争優位性の重要な源泉となっています。そして、テクノロジーはそのために重要な役割を果たします。

持続可能性の瞬間をつかむ

グローバル企業の経営幹部500名以上を対象とした 本調査は3部構成となり、従業員のエンゲージメントと文化、環境の持続可能性、多様性・公平性・包括性(DEI)という 3 つの明確な目標に対して、テクノロジーがどのように進歩を促すことができるのかを分析しています。

第 2 部では、企業が以下のような意欲的な目標を達成する方法をテクノロジーがどのようにサポートできるかを考察しています。

  • 企業データを活用して、サプライ チェーン全体の気候関連リスクを明確に把握する
  • 報告と開示に対する規制の要求の高まりに対応する
  • アナリティクスと AI を活用して、企業が環境に与える影響を軽減し、競争力を獲得する
  • より優れたパフォーマンスを達成する

Driscoll's、および Genpact からインサイトを得て、調査結果を活用するためにレポートをご覧ください。

Tech for Progress 360 シリーズと、第1部:従業員のエンゲージメントと文化をご覧ください。

プレスリリースを読む。