お問い合わせ

Tech for Progress 360:第1部

従業員を巻き込み、企業文化を強化する

レポートをダウンロード(英語)
basic-hero-tech-for-progress-employees-1.jpg

人々にとってより良い世界を作るために

混乱と不確実性は、企業がアジリティとレジリエンスを引き出すことを常に促しています。働き方や顧客へのサービスのあり方が見直される中で、重要なのは「人を第一に考えること」、特に従業員の価値です。

ウェルビーイング、ラーニング、オンボーディングに対する組織の取り組みなど、卓越した従業員体験は、成功する企業の核心となるものです。しかし、ハイブリッドワークが当たり前になった今、従業員のエンゲージメントに関する新たな課題に取り組み、リモートワークで過ごす時間から学ぶべき教訓があります。そして、そこではテクノロジーが重要な役割を担っています。

ビジネスの核心に迫る

グローバル企業の経営幹部500名以上を対象とした 本調査は3部構成となり、従業員のエンゲージメントと文化、環境の持続可能性、多様性・公平性・包括性(DEI)という 3 つの明確な目標に対して、テクノロジーがどのように進歩を促すことができるのかを分析しています。

第1部では、ハイブリッドワーク環境の取り組みで従業員の体験を向上させるテクノロジーに焦点を当てています。

・従業員を文化に完全に融合させる。

・従業員の交流が問題解決に移行し、社交的な交流から遠ざかることによって生じるエンゲージメントギャップを埋める。

・オフィスとリモートの同僚との効果的なコラボレーションを可能にする。

本レポートでは、調査結果およびComcast、Cox Communications、Driscoll's、Levi Strauss、Microsoft、ジェンパクト、Rightpointの各社からのインサイトをご紹介しています。

Tech for Progressレポートシリーズについてはこちらをご覧ください。

プレスリリースはこちら