AI 360

次なるビジネス最前線からのインサイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Email

消費者から企業経営幹部まで、多面的に動向を探る

経営幹部、従業員、および消費者におけるAI活用と課題についてのインサイトを共有しています。

AIは今ここに。これは、経営幹部、従業員、および消費者を対象としたAIに関する2回目のグローバルな調査結果に基づきます。

2017年のAI調査 からの進化は非常に大きなものでした。ほとんどの経営幹部は、彼らの組織は今後3年以内にAIの導入計画を予定していると述べています。そして、消費者にもAIは浸透してきました。

しかし、課題やギャップは、いくつか残っています。AIに基づく意思決定の潜在的な偏見や差別、データ保護、そして将来の雇用市場は、依然として懸念されています。そして大多数の従業員は再教育を切望していますが、経営幹部の再教育の機会を提供しているという回答は増加しているものの、このようなトレーニングに参加したことがあると答えた従業員は少数でした。

このギャップに対応し、AIを組織の中枢神経として組み込むことで、企業がどのようにして競争を勝ち抜けるのか、詳細をご覧ください。

ここで調査結果レポートをダウンロードしてください

AIの採用は加速していますが、全員参加していますか?完全なレポートをダウンロードして調べてください。

ダウンロード

AIについてさらに詳しく

本能の時代へようこそ

本能的な企業は、急速に変化する環境に適応します。あなたの組織がどのように進化できるのかをご覧ください。

進化の旅を始める

ブログ:すべてのリーダーがAIについて知っておくべきこと

AIは新しい水晶玉ですか?Genpactのチーフ・デジタル・オフィサーのSanjay Srivastavaの記事をご覧ください。

今すぐ読む

GenpactでAIについてもっと知る

より多くパターンを発見し、予測を行い、迅速に対応できるのであれば、その可能性は無限大です。

今すぐトランスフォーメーションへ