Genpactの歴史

  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Email

1997年以来ビジネスにインパクトをもたらす

Genpactは、ビジネスサービス・プロバイダーとして、独自の財産をDNAとして引き継ぎ、確実な地位を築いています。Genpactは、1997年に20人で発足し、創設者であり元社長兼CEOのプラモッド・バシンのビジョンを追求してきました。バシンはGEキャピタルのバックオフィスサービス事業のパイロットプロジェクトを、世界初の大規模キャプティブ企業であるGEキャピタル・インターナショナル・サービシズ(GECIS)へと変革した人物です。

もともとGenpactは、プロセスの効率性やオペレーションの有効性を飛躍的に向上させることを目指し、GEキャピタルの世界各地のビジネス部門にビジネス・プロセス・サービスを提供する組織でした。そこから、インドの複数の都市で1つ1つインフラを構築し、職を求める数万人の若者たちを採用、トレーニングを行うなど(その一環で前例のない規模で女性に雇用機会を提供)、事業範囲を拡大していきました。私たちは発足後の8年間で、GEのグローバル製造事業から金融サービス分野まで、多様なプロセスを管理する機会に恵まれました。また、GEでリーン・シックスシグマが広く浸透していたことを踏まえ、ビジネスプロセス・マネジメントにこの原則を応用することにより、強固な基盤を築きました。

2005年1月、プロセスにおける専門知識をGE以外のお客様に提供するために独立し、社名をGECISからGenpact(“ビジネスにグローバルインパクトをもたらす”に由来)に変更しました。2007年8月にニューヨーク証券取引所(NYSE)にシンボルコード「G」で上場。2007年から2010年にかけてさらにグローバルな組織体制として拡大し、従業員を33%増員するとともに、新たに6カ国にオフィスを構えました。

2010年から欧州や米国でも大きな存在感を発揮するようになり、コーポレートオフィスをニューヨークに開設。2012年11月、ベインキャピタルが筆頭株主になり、ソリューションポートフォリオの明確化、顧客関係の改善、そして専門領域の知識の強化や専門家の育成など、新たな成長フェーズを開始しました。

私たちは現在、グローバル・プロフェッショナル・サービス企業として、デジタル主導のイノベーションとデジタルを活用したインテリジェント・オペレーションにより、Global Fortune 500の世界最大ブランドをはじめとした多くの企業をご支援しています。また、Genpact Coraデジタルプラットフォームにより、最適な顧客体験を中核とした最先端デジタルテクノロジーソリューションを拡充しています。私たちはこれからも、お客様、そして、エコシステムを形成するパートナーとともに革新を続け、成長のスピードを緩めることはありません。