製品

Cora PharmacoVigilance

ライフサイエンス企業では、規模の拡大、コンプライアンスの変革、患者の安全性の向上を目的に、有害事象の情報処理にAIを組み込んでいます。

Cora PharmacoVigilance のハイライト

  • >
    50
    %
    effort reduction in adverse event case processing
  • 高品質なデータとインサイト

    Cora PharmacoVigilanceは、AIおよび機械学習を組み込み、規制業務全体にわたるデータ品質とインサイトを向上させます。

  • ユーザーエクスペリエンスの強化

    ガイド付きユーザーインターフェースは、手動の記録検証を支援し、品質管理を合理化します。

  • 高度な自動化

    タッチレス有害事象処理は、人手を介さずに自動的に通知およびフォローアップ警告を生成します。

スポッティングシグナル

潜在的な有害事象を予測するためにデータ内のパターンを識別するAIで患者の保護を実現します。また、患者の安全性を学び、維持するテクノロジーにより、ファーマコビジランスのプロセスをエンドーエンドで革新します。

Learn More

有害事象の症例情報処理

Cora PharmacoVigilanceの症例情報処理機能は、情報取得から医療審査、配信、提出まで、一連の作業をサポートします。従来の処理システムは必要なくなり、ITコストも削減できます。

Learn More

設定可能なワークフローエンジン

私たちのテクノロジーは、自動的に通知とフォローアップアラートを生成します。さらに、人間の介入なしに、ほとんどの有害事象の事例を処理します。さらに、人的な処理が求められる場合は、インテリジェントにデータフィールドを通してユーザーを導き、品質管理を合理化します。

すべての主要システムとの統合

Cora PharmacoVigilanceは、すべての主要な安全性システムと統合されているため、システム移行の途中でも重要な情報が失われることはありません。完全なシステム移行の前から、本製品の価値を活用できます。

お問い合わせ

Cora PharmacoVigilanceについてさらに詳しく

始めましょう

Cora PharmacoVigilanceが、大手ライフサイエンス企業の医薬品安全性の改革をどのように支援しているかをご覧ください。

Genpactは、次世代プロセスの展開を実現するため、一貫したフレームワークと、そして最終的には製品を提供している。

John Willmott氏
Nelson Hall、CEO

ビジネスニーズへの答えを見つけましょう。